冬場についた変なクセ

まもなく4月です。寒い冬もようやく終わりそうです。ゴルフシーズン到来。寒い冬についた変なクセは早目に直しておいてください。ニギリがあるなら!?尚更です。

いつも訪問していただいている読者の皆さんにはスタートダッシュしてもらいたいです。

ゴルフは1年を通じてプレーできます。もちろん積雪があるようなところでは出来ませんが、寒いところに住んでらっしゃる方は待ちどおしかったことでしょう。

家の中でスイングチェックなど欠かさずに過ごされたのかな?

スイングチェックや基礎体力の強化もいいのですが、ベン・ホーガン選手が「モダンゴルフ」で書いているように、1日数分でいいのでグリップの練習をしてください。グリップを研究する事で同じ練習でも3倍早く上達するそうです。

ゴルフレッスン書籍・DVD。プロゴルファーレッスンプロ各解説(私のですが)

これは野球のキャッチボール、サッカーのドリブル・リフティングと同じです。いつもクラブと触れ合っておくことが大切ですよ。

SPONSORED LINK

冬場についた変なクセ

私は、サンドウェッジを使ってリフティングの練習をします。これって出来るようになるんですね。私の友達にサッカーしていた人がいるのですが、この方が言うにはサッカーしてた人はサンドウェッジでのリフティングはすぐできるようになるといってました。本当かな!?

リフティングは練習すれば誰でもできるようになりますし、場所を選ばないのでとても楽しいです。やりすぎると握力がなくなってきますのでやり過ぎ注意!

冬にゴルフが出来る方は結構、変なクセがついてしまいます。これは寒いのでたくさん服を着込んでしまうからでしょう。最近は素材の優れたインナーウェアもありますので購入を考えておいたほうがいいでしょう。

春になりトップスイングの形をしたときに、身体が回っていない事に気付くのは私だけでしょうか!?これ、毎年です。厚着して回らなくなってしまった形を身体がインプットしてしまっているのです。皆さんも確認してみてください。腕ばかりでバックスイングを作ってしまって肝心のボディは正面向いていることがありますよ。

しっかりリハビリしておきたいものです。

ではまた

人気ゴルフアクセサリ・ゴルフウェアを紹介します。季節によっては、同じゴルフウェアであっても重ね着を楽しむこともできますし、1つのアウター・シャツでもいつもと違う雰囲気をだせますよ。

シェアする

フォローする