スイングの幹となる部分を探す

”けん”です。本日のゴルフレッスン「スイングの幹となる部分探す」です。たくさんのゴルフレッスン情報が氾濫する中、自分に合ったゴルフレッスンを見つけることはとても大変なことです。

 

”けん”もたくさんのレッスン書、雑誌、DVDにビデオ、レッスンプロや仲良しのプロゴルファーにも教わりました。これは自分に合うな!これは合わないなぁ~、ってことがたくさんありました。自分に合わなくても他人には合うこともありますし、自分に合うからといって他人にもいえることにはならないことも分かりました。

 

調子が悪くなると、ゴルフレッスン書籍をたくさん買いだめして、自分の悪いところを直してくれるページを探します。

 

なんとなく分かっているんです。「こうすればよくなるんだけど・・・」とね、しかし、根拠が欲しいわけです。そこで、ゴルフレッスン書籍をたくさん買い、ただ、書いてある記事のページを見つけだす。

 

ページどころか、そこの1~2行のためにたくさん買うんです。”根拠”が見つかったときにはホッとします。だからといってゴルフをしているとその1~2行も、今では自分に合わなくなってたりしますけど。

 

ゴルフって、のめり込めばそれだけ課題が見つかる、とても”退屈しない”スポーツです。

 

いろんな習い事には、流派があるように、ゴルフのレッスンも教える人で違ってきます。自分が考えている理想のゴルフスタイルからかけ離れたゴルフスタイルになることだって考えられます。

 

やはり、最終的には自分を信じることが大切です。考えを曲げないこと、おかしいといわれてもやり通すことも、時には必要です。自分のスイングの幹となる部分を探して下さい。

 

スイングの幹になる部分は、シンプルなほうがいいです。”けん”の場合は、「グリップ」、「ライ角どおりにスイング」、「水平にスイング」です。

 

練習で、スイングの一部を変えても、上記の3つの部分は絶対に変えない”けん”のスイングの幹の部分です。”けん”にとってはアイアンからドライバーまで、同じように振れる部分なんです。

 

スイングをいじるときに、ドライバーでもアイアンでも「いじった部分」は、有効なのか、試してみてください。それが、上手くいかなければ、一時的な開眼かもしれませんよ。ゴルフでは、練習し上手くなればなるほど、課題がたくさん出てくるわけで、できるだけ、統一した部分があった方がいいに決まっています。

 

緊張した場面では、考えることがよりシンプルなほうが、やることが決まっていますので、決断もはやく、ターゲットに集中できるますよ。

 

ゴルフの練習が、毎回スイングの枝葉をつける練習になっていませんか?

 

みなさんのスイングの枝葉をどんどん取り去りましょう。そうすれば自分自身のスイングの幹(みき)が見えてきます。枝葉をふるい落とし、自分自身の幹をもう一度確認してみてください。そこからスタートするといいですよ。

 

枝葉を取り去っていると今まで見えなかった枝葉が隠れていたりします。なかには、どんなにふるい落としても落ちないものもあります。それは、悪いクセかもしれません。その部分は切り落としましょう。木の幹にまで転移しているときは傷口が治るまで時間(量)とリハビリ(練習)が必要です。

 

そうすれば、見えてきますよ・・・

 

 

 

 

自分流(流派)が!

 

 

 

ではまた

コメント