前傾角度だけを意識したスイング

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「前傾角度だけを意識したスイング」です。できているようでできていない前傾姿勢の角度ですが、ゴルフに限らず姿勢はとても大切なチェックポイントです。

特にゴルフでは、止まっているボールを打つことから、前傾姿勢を保つということは、ボールとの距離をできるだけ変えないようにするための1つの方法です。前傾姿勢が狂わないことでアドレスの形に戻れますし、スイングに枝葉を付ける前の基礎の部分になるわけです。

スイング中、常に前傾姿勢の角度を意識することはとても難しいことです。バックスイング・トップ、ダウンスイング、インパクトと短時間の中に、たくさんのチェックポイントがありますので、すぐに忘れてしまいます。

「木を見て森を見ず」、小さなことにばかり気をとられていて肝心の大きなことに気づかないことがよくあります。まさに前傾姿勢の崩れは、それに当たると思います。最後まで気が付かないことがよくありますよね。最終的に前傾姿勢が崩れていた!なんてことはよくあることです。

前傾姿勢に限らず、ゴルフをしているのであれば、スイング中のそれぞれのポジションでチェックポイントがあるはずです。初心に戻り、チェックポイントをなくしてみてください。

ゴルフレッスン/前傾姿勢を意識したスイング

そのときの、チェックポイントをすべて入れ替えて、頭の中を全て前傾姿勢にしてみることがいいと思いますよ。

バックスイングからトップにクラブを持ってきたときに一度止めてみて、前傾姿勢ができているか確認してください。

ダウンスイングするときも初動の段階で前傾姿勢が崩れやすいのでその部分をチェックしてみてください。

インパクトの段階で前傾姿勢がアドレス時に近づいているかチェックしてみてください。

フォローで前傾姿勢が崩れることなくフィニッシュできるかチェックしてください。

チェックポイントをすべて前傾姿勢にすることで土台作り。ときどき止めてみて前傾姿勢が保てているか確認することが大切です。

前傾姿勢が崩れるということは、クラブの軌道がバックスイングとダウンスイングで変ることになります。

行きと帰りで同じ道を使わないと迷子(悩み)になりますよ

近道を探したいのも分かりますが、できるだけ寄り道をしないようにしてください。

ではまた

シェアする

フォローする