オーバースイング

スイング全般/グリップなど

オーバースイングのダウンスイングにはスイッチがある

オーバースイングから抜け出せないゴルファーへ送るレッスン。読んだ後はオーバースイング直るかも。即効性のあるレッスンについても解説します。実際に”けん”が行った練習方法です。ぜひお試しください。
スコア/コースマネジメントなど

ドライバーを使用して100を切る

ゴルファーが最初にぶち当たる100の壁。比較的簡単に100を切ることができました。そのときに私が行ったことについて解説です。私ができるのであれば大抵の人ができるので同じ悩みをお持ちの方は試してみてくださ
スイング全般/グリップなど

コンパクトなスイングとは

ゴルフにおいて飛距離を求めるためにオーバースイングなどの極端なスイングになってしまっていませんか。コンパクトなスイングをすることで直ることは分かっていますが、コンパクトなスイングとはいったいどんなスイングでしょうか。
スイング全般/グリップなど

トップを小さくする方法

大きなトップが決して悪いわけではありませんが、そこにオーバースイングなどが付いてくることがあります。オーバースイングになるとなかなか直すことが難しくなります。トップを小さくしてみましょう。
スイング全般/グリップなど

ハーフスイングを身につける

ハーフスイングが必要な場面で練習しておけば良かった!!ということにならないようにラウンド前には必ず身につけておきたいスイングです。
スライス/アウトサイドイン

グリップ位置は両肩の内側

グリップの位置はトップでは両肩の幅内に位置することが望ましいと思います。肩幅から外れるとオーバースイングや大根切り、アウトサイドインなどの様々なスイングの欠陥につながりやすいです。
スイング全般/グリップなど

オーバースイングは始動から

オーバースイングを始動から考えてみます。スエーを利用して直してみましょう。
スイング全般/グリップなど

オーバースイングの直し方

オーバースイングは直そうと思っていても諦めてしまうことが多いです。原因は時間がかかってしまうからだと思います。時間はかかりますが、いくつかのオーバースイングの直し方を解説します。
スイング全般/グリップなど

どうしてオーバースイングは直らないのか

オーバースイングは見た目も悪く、方向性も悪いスイングです。できるだけ早く直したいのですが、飛距離の欲求からなかなか直らないのです。ゴルフは飛距離を競う競技ではありません。
スイング全般/グリップなど

オーバースイングは左膝に現れる

オーバースイングになると大きく曲がりますし、飛ばすためにやっているのに飛ばないことにも気づきます。早めに直すことが大切です。
スイング全般/グリップなど

オーバースイングの振り遅れ

いつかは直すつもりでもやめることができないのがオーバースイングです。オーバースイングになると腰の回転とクラブを振る軌道上の距離が一般的なスイングと大きく異なります。早めに直しましょう。
スイング全般/グリップなど

左手首甲側に折れるオーバースイング2

オーバースイングを直すことはとても大変です。スイングすべてをリセットし一から始めるくらいの覚悟が必要になります。
スイング全般/グリップなど

左手首甲側に折れるオーバースイング

トップで左手の甲側(手のひらの裏です)に左手首が曲がることでオーバースイングになる人がいます。左手首が甲側に折れるということは右手首は手のひら側に折れている、またはまったく折れていないことがあると思います。
スイング全般/グリップなど

オーバースイングのデメリット

オーバースイングは見た目にも格好の悪いスイングです。そしてもっとも直しにくいスイングです。一度癖がついてしまうと一生付きまとう最悪のスイングといって良いでしょう。
スイング全般/グリップなど

格好悪いトップを直す

格好悪いトップの形を直す方法をお話します。トップが間違った位置に収まってしまうとミスショットの確率が高くなります。コンパクトな(小さな)トップを作り上げることで精度の高いショットが可能になります。
スイング全般/グリップなど

オーバースイングは緩みから

オーバースイングの原因と解決策を紹介
スイング全般/グリップなど

簡単フライングエルボー解決方法

フライングエルボーを直す方法。ストレッチで簡単に解決するゴルフレッスン
スイング全般/グリップなど

オーバースイングはメンタルから直していく

オーバースイングはイヤだ。でも直らない。本当に直す気があるのか。オーバースイングはメンタルから直そう
スイング全般/グリップなど

グリップの緩み

グリップの緩みからくる悪影響についてゴルフレッスン。オーバースイングになったりインパクトでのクラブフェースの角度や向きが変わってしまうこともあります。
飛距離アップ

ヘッドスピードを上けるトップ位置

ヘッドスピードが上がるトップ位置を探すゴルフレッスン。ゴルフのトップは走り幅跳びの助走距離と同じです。