グリーン

その他

パターあるある

ドライバーやアイアンに比べてないがしろにしがちのパター。パッティングについてのあるあるです。
パター

カラーがかかるグリーンの距離感2

グリーン上でカラーにかかってしまうと距離感を出すことが大変むずかしくなり、プロでもミスする場面をよく見かけます。大きなミスにならないためのゴルフレッスン。
パター

カラーがかかるグリーンの距離感1

カラーにかかってしまう場所にオンしてしまうことがあります。距離感が大変むずかしい場面です。そんなときの考え方についてゴルフレッスン。
スコア/コースマネジメントなど

グリーン乗せる所を決めておく

グリーンをいくつかに区分してカップが切ってある面ともう一つの面を探す。パッティングが得意になるゴルフレッスン
パター

グリーンの速さ

グリーンが速いのか遅いのか、個々で違ってきます。パッティング練習をすることでグリーン上のミスがパッティングスタイルなのか、グリーンの読みが甘かったのかまたは間違っていたのか、ミスの原因が特定できるはずです
SPONSORED LINK