ダフリ

スイング全般/グリップなど

ダフリ気味のスイング

ダフリ気味にゴルファーへのアドバイスです。ここぞというときにダフるゴルファーへ。これで治る方もいると思います。
スイング全般/グリップなど

左肘が曲がると右肩が下がる

左脇が空くと左肘が曲がったり抜けたりします。結果的に右肩が下がることにもつながり、悪いことの連鎖が起きてしまうものです。
スコア/コースマネジメントなど

大叩きからの脱出

一度OBを打ってしまうと、続けてOBしてしまう。そうです!大叩きの始まりです。大叩きから抜け出す方法をゴルフレッスン。いろんな脱出方法がありますが、ここでのお勧めはこれ。
スイング全般/グリップなど

目を閉じて見えることがある

普段の練習では分からない、見えてこないことが目を閉じて素振りをするだけで見えてくることがあります。ここ数年の練習でも掴めなかったことを、ほんの数分で感覚として理解できるかもしれませんよ。
スイング全般/グリップなど

スエーから起きる様々な問題

スエーすることから起きる様々なスイングの問題点を解説します。
スイング全般/グリップなど

大きすぎてもいけない体重移動

スタンス幅にもよりますが、体重移動は最大でスタンス幅内で行なうことが大切だと思います。スタンス幅内で受け止めることでエネルギーを蓄積することにつながります。それを越える部分は自分でコントロールできないのです。
スイング全般/グリップなど

右肩が下がらない方法

右肩が下がってしまう原因についてゴルフレッスン
飛距離アップ

力を抜いたラウンドをするために

力を抜いたスイングができるとスコアも良くなり、飛距離も伸びるゴルフレッスン
スイング全般/グリップなど

右肩の下がりを直す

右肩が下がってしまうと思わぬミスショットをしてしまいます。右サイドが下がる原因と対策のゴルフレッスン
スイング全般/グリップなど

膝の高さを一定にする

膝の高さにこだわることでボールをスイートスポットで捉えることができるゴルフレッスン
スイング全般/グリップなど

ダウンブローに打てるスエーしない方法

スエーしているときはなかなか気づきません。スイングがシックリこないときはスエーを最初に疑ってみるゴルフレッスン
アイアン

冬でもキッチリ当てる練習

練習場のマットの端々は、反り返っているので軽いティーアップ状態になっていることがほとんどです。ボールは基本的にはマットの真ん中に置いて打つことが練習にはなります。”けん”の場合、わざとマットが擦り切れているところに置いて打つようにしています。
スイング全般/グリップなど

左サイドを使ったダフリの直し方

"けん"です。本日のゴルフレッスンは「左サイドを使ったダフリの直し方」です。練習でダフるときは、数球打つことで直ることがありますが、ラウンドでは一発勝負、「待った!」無しです。 ボールを打つ前の対策が必要になります。ダフるときによく行...
アイアン

簡単ボールを上から叩く方法

"けん"です。本日のゴルフレッスンは「ボールを上から叩く方法」です。ゴルフ練習場で周りを眺めているといろんな方がいらっしゃいます。練習場のマットは気持ちよく打てるように!?なのかどうかは分かりませんが、とてもフカフカで嫌になります。 ...
スイング全般/グリップなど

即効性ありダフリの直し方

"けん"です。本日のゴルフレッスンは、「即効性ありダフリの直し方」です。ティーショットも上手くいったあとはセカンドを決めてバーディチャンスのイメージが頭をよぎります! ・・・と、気持ちはグリーン上にもかかわらず打ったボールは、砲丸投げ...
アイアン

アイアンのチョロ

"けん"です。本日のゴルフレッスンは「アイアンのチョロについて」です。100を切る前くらいまでは、チョロ打ってました。滅茶苦茶なライでない限り、ゴルフが上手い人は、ほとんどチョロは無いですよね。 アイアンに限らず、ミスの種類を...
スイング全般/グリップなど

ダフリでどうしようもない時の対処法

こんにちは”けん”です。コースで突然のダフリ病に困ったことありませんか?”けん”はトップとダフリではダフリのほうが多いですね。 トップはあまりしません。トップとダフリは「トップのほうがいい」っていいますよね。理由は・・・ ★前に...
スイング全般/グリップなど

黒いゴムの上で打つダフリの直し方

ダフリをイヤというほど理解できるゴルフレッスン。練習場に練習マットを固定する黒いゴムのところにボールを置いて練習するとダフリかどうかすぐにわかります。
アイアン

練習マットは使古しを

同じ練習マットでも打つ場所によって自分を鍛えてくれる場所があります。できるだけ難しい環境で練習することで本番で笑いたいですね。
スポンサーリンク