パッティング

パター

ロングパットの距離感

グリーンに乗せてもロングパットが残ってしまうと3パット濃厚となることがあります。ロングパットの距離感は場数を踏めば上手くなっていきますが、そんなにラウンドすることができないのが現状です。そんな中でも少しでもロングパットの距離感を養うための方法について解説します。
パター

パッティングの上手いゴルファー

パッティングを得意とするゴルファーには大きく分けて2つのタイプがいます。ジャストタッチで狙うゴルファーとストレート気味に狙うゴルファーです。
パター

初心者のほうがパッティングが上手いのか

初心者のころのほうがパットが入っていたような気がします。ロングパットが入ったりしたものです。しかし、本当に初心者のほうが上手いのでしょうか。そんなことはありません。
メンタル

ミスの上塗りを止める

ミスをしたときに、気持ちの切り替えができないままに、プレーに入ってしまうと、どうしても前のミスを引きずってしまうものです。取り戻そうとする気持ちになることもありますし、同じミスを繰り返さないようにしたつもりが、墓穴を掘ることにつながることもあります。
その他

ゴルフ練習場以外での練習

ゴルフの練習場以外の場所で練習できることってなんでしょう。個人的にはグリップの練習とパッティングの練習がお勧めです。
パター

ベテランのパッティングの距離感

パッティングは距離感とラインを合わせなければ入りません。その考え方について解説。
アプローチ

ショートゲームが攻めのゴルフ

ショートゲームは守りのゴルフと思っていませんか。これは上級者の考えであって、そうでない人にとっては攻めのゴルフにつながります。
その他

苦手なことは単純化

ゴルフはすべてのことを複雑に考えすぎる面があります。不安だからいろんなことを考えますが、その考えたことが不安材料になっていることも確かです。
パター

パッティングどころではない

ショットのことで頭がいっぱい。パッティングどころではない、といった考えになっていませんか。パッティングはゴルフのゲームで重要な核の部分です。
パター

パッティンググリーンを楽しむ

ゴルフは最終的にパッティングが勝負のカギを握ります。大切なパッティングを簡単に考えていませんか?
その他

雨も楽しむ

ゴルフが自然との戦いであれば雨のしっかりと楽しみましょう。雨の日のラウンドで役に立つゴルフレッスン
パター

ゴルフのむずかしいところ1

ゴルフがむずかしいといわれる所以。ゴルフが上達しない、スコアが悪いという方へのゴルフレッスン
スコア/コースマネジメントなど

グリーン乗せる所を決めておく

グリーンをいくつかに区分してカップが切ってある面ともう一つの面を探す。パッティングが得意になるゴルフレッスン
パター

二桁スコア!パッティングを練習の道のり

パッティングの練習に本格的に取り組むまでの道のり。パッティングのゴルフレッスン
パター

2段グリーンのパッティング

2段グリーンのパッティングが上手くなる1つ方法をゴルフレッスン
パター

パッティングの自宅練習

楽しくないパッティングを楽しいものに変えることが出来れば、ラウンド時のグリーンの楽しくなり、ゴルフがもっと好きになるはずです。自宅で練習するときはパッティングの形を身に付けることが大切
パター

ノー感パターの距離感

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ノー感パターの距離感」です。誰にでもあるノー感パターですが、グリーンの難易度・速さや距離感、初心者であれば経験不足などいろんな原因があります。 場合によっては、頭の中が真っ白になって舞い上がったと...
パター

二段グリーンの動き出すポイント

"けん"です。本日のゴルフレッスンは「二段グリーンの動き出すポイント」です。近年のゴルフコースは、ベントグリーンに変わったことでアンジュレーションが変化に富んでいます。 グリーン上でもっともむずかしいのが、二段グリーンの上から下へのパ...
パター

低く長くパットする方法

"けん"です。本日のゴルフレッスンは「低く長くパットする方法」です。パッティングはゴルフのスコアを最終的に決める大切なものです。ティーショット、セカンドショット、場合によってはアプローチが良くてもパットを決めなければスコアになりません。 ...
パター

パッティングが好きになれ

"けん"です。本日のゴルフレッスンは「パッティングが好きになれ」です。スコアカードのスコアを記入する部分が、2つに分けてあるものがあると思います。点線であったり、周りの線より細いときもあると思います。 一般的にその小さな四角の...
スポンサーリンク