持ち球

スコア/コースマネジメントなど

持ち球を信じる

たとえ大きなスライスが持ち球だったとしてもそれを信じて18ホール続ければ、スコアは普段よりもきっとよくなるはずです。コースマネジメント上、持ち球を持つことは大きな武器になります。
スコア/コースマネジメントなど

ミスショットを持ち球にする

がっかりしてしまうミスショットも使い方によっては狙い通りの球筋というわけでミスショットを利用して攻める方法を解説。
スコア/コースマネジメントなど

持ち球の使い方

どんな形であれ持ち球を持っているゴルファーは強いです。たとえそれが大きなスライスボールだったとしてもです。常に同じ球を打ているということは、コースマネジメント上、重要なポイントの1つです。
スコア/コースマネジメントなど

頼りになるショットを身につける

軽く振ることとゆっくり振ることは違います。自分で決めたフィニッシュ位置までゆっくりと振ることを練習してください。
スイング全般/グリップなど

自然な持ち球

しっかり振ればボールはそれほどブレません。フィニッシュで崩れなければけっこう良い球が打てるものです。
スコア/コースマネジメントなど

ワンパターンは強い

ワンパターンがゴルフでは大切なこと。同じことを繰り返し行なえることは武器になります。
スコア/コースマネジメントなど

意図的・無意識曲げること

意図的に曲げることが、最終的にゴルフの上達につながるというお話です。
スイング全般/グリップなど

同じ球筋を毎回打てるために

球筋を安定させるためには、ボールと直接関係のないフォロースルーやフィニッシュの形が密接に関わっています。
スコア/コースマネジメントなど

「曲げる」と「曲がる」

「曲げる」と「曲がる」は違います。曲がるのは自分の意に反していますが、曲げるのは自分の意志です。
スコア/コースマネジメントなど

調子が良いときこそ持ち球に頼る

調子がいいときこそ自分の持ち球を信じてラウンドに望むことが大切だというゴルフレッスン
メンタル

練習するゴルファー

練習するゴルファーと練習しないゴルファーについて。ゴルフは人生の縮図といわれます。ゴルフを通じていろんなことが学べるというゴルフレッスン。
ドライバー/ドローボールなど

どフックを直す方法

どフックを直す簡単な方法をゴルフレッスン
スコア/コースマネジメントなど

適度なサイドスピン

サイドスピンは決して悪いものではありません。自分の持ち球を作り上げる上でとても大切です。一定方向、一定量サイドスピンを掛けることができれば理想の球筋になるゴルフレッスン
スコア/コースマネジメントなど

保険を効かせた攻め方

あとでがっかりするよりも保険の効いたグリーンの狙い方をしましょう。同じ実力でもコースマネジメントをしっかりと考えてラウンドするとスコアは思っている以上に良くなります。
SPONSORED LINK