3パット

パター

パット数がスコアを左右するかも!?

パッティングを疎かにしているゴルファーはたくさんいます。とてももったいないですよ。場合によっては10打以上スコアが縮まることも多いです。
スコア/コースマネジメントなど

パターに自信がある人の攻め方

コースを72打でラウンドすると考えるととてもむずかしくイメージも湧かない感じですが、パッティングに関してはパープレーは36パットです。(もちろんアプローチでの寄せワンもありますけどその辺りは愛嬌です)これを使ってコースマネジメントしましょう。
パター

パッティングスタイルの確立

パッティングの練習をする人もいればそうでない人もいます。4パットしてしまうことはグリーン上でOBを打ったことと同じです。パットの重要性をしっかりと認識しましょう。パッティングは練習すればすぐに上手くなる部分です。地味な練習になりますがスコアアップには欠かせません。
パター

初心者のほうがパッティングが上手いのか

初心者のころのほうがパットが入っていたような気がします。ロングパットが入ったりしたものです。しかし、本当に初心者のほうが上手いのでしょうか。そんなことはありません。
メンタル

もっとできたはずなのに

ゴルフほど「もっとできたはずなのに」と感じる場面に遭遇するスポーツはありません。自分に自信があることは良いことですが、何事も行き過ぎることはいけません。我慢と謙虚さを常に胸に秘めゴルフをすることが大切です。
その他

ゴルフのタラレバ

ゴルフにタラレバあったとしたら、どんなに楽なラウンドになるだろうというお話。
スコア/コースマネジメントなど

裏目裏目のちぐはぐラウンド

自分を追い込んでしまい、スコアにならないときだってあります。過剰に自分に課題を課すことには無理があります。