飛距離アップ

その他

ゴルフクラブを買い替えただけで球筋が変わる

ゴルフクラブを買い替えるときってどんなとき。球筋を変えたかったり、飛距離を伸ばしたいから。ゴルフクラブを買い替えたときに陥りやすい注意点を解説。
飛距離アップ

ゴルフスイングの捻転する方法

ボールを遠くへ飛ばすためのゴルフスイングに欠かせないのがバックスイングからトップにかけて作る捻転の形です。捻転がしっかりとできるとパワーをしっかりと貯めることができます。
飛距離アップ

上半身の最小限の動き

下半身を効率的に動かすことが飛距離アップにつながりますし、使い方によっては安定したスイングをすることができるようになります。
飛距離アップ

下半身リードのスイング

力がないように見えて飛距離が出る人がいます。このような人はキレとスピードに優れています。スピードを出すためにも下半身リードについて考えてみましょいう。
飛距離アップ

回転と捻転の違い

ゴルフは捻転することでパワーを蓄積できます。やり方によっては方向性アップにも繋がります。
飛距離アップ

体重移動するには

飛距離アップするためには体重移動が不可欠です。
飛距離アップ

タメて飛ばそう

ドラコンは自分には関係ないと考えていたゴルファーのみなさんは、タメを意識してスイングしてみてください。
飛距離アップ

曲がる人の飛ばし方

ボールがよく飛ぶ人は、曲がるリスクがあります。逆に考えれば曲がる人は飛ばすことができるというゴルフレッスン。
飛距離アップ

曲がる人は飛ぶ

飛距離がアップするだけでゴルフ感が変わります。簡単に飛距離をアップする方法です。
飛距離アップ

昔の飛距離を取り戻す

初心者のころやゴルフに真剣に取り組み始めたころ、「今よりもっと飛んだ」という経験はみなさんあるものです。ゴルフを続けてきて技量も上がり、ドライバー(クラブ)も進化しました。年齢から来る体力の衰えよりも技量やドライバーの進化のほうが勝って(まさって)いる現在、飛距離は伸びなければおかしいのです。
スイング全般/グリップなど

右膝の送り方

右膝が前に出てしまう場合、どのようなことが起きるか。右膝の送り方で飛距離が伸びますし、様々なスイングの欠点が直ってしまうことあります。
飛距離アップ

右肘の使い方で飛距離アップする方法後編

右肘の使い方に飛距離アップのヒントが隠されています。飛距離を伸ばすためのゴルフレッスン。
飛距離アップ

右肘の使い方で飛距離アップする方法前編

飛ばし屋であれば必ず行なっていることではないでしょうか。ゴルフを始めると結局、向き合うことになる部分。それが右肘の使い方です。
スライス/アウトサイドイン

スライスの直し方~第11弾~

スライスは飛距離が出ない球筋です。スライスを直すことで飛距離アップが望めます。そのためにはボールの位置を意識したスイングを心がけてみてください。
飛距離アップ

ガッカリ!飛距離はアドバンテージ

残念ながら飛ばし屋ゴルファーはやはり有利なのです。どんなにあがいても越えられない壁がそこには存在するわけで、飛ばない人はできるだけ飛ぶ部類に入るように練習しましょう。
飛距離アップ

同じヘッドスピードでも飛ばす方法

小さなトップから大きなフォロー。これが飛ばしの秘訣です。
飛距離アップ

コックの間違った使い方

コッキング(コック)を行なうことで飛距離を伸ばすことができます。ただ、間違ったコックをしている人も多いです。
飛距離アップ

力を抜いたラウンドをするために

力を抜いたスイングができるとスコアも良くなり、飛距離も伸びるゴルフレッスン
スイング全般/グリップなど

インパクトゾーンを無理やり伸ばす方法

インパクトゾーンを長くすることで飛距離が伸びたり、方向性が安定したりします。
飛距離アップ

プッシュアウトが飛ぶ理由

プッシュアウトが飛ぶ理由について”けん”なりに考えてみました。これを飛距離につなげることができれば飛距離アップすること間違いなし
SPONSORED LINK