2018年マスターズ3rdR

2018年マスターズ3rdR

2018年、マスターズ3日目。途中、小雨が降ったりしてグリーンが柔らかくなった状況の中のプレーになりました。3日目にはある程度順位が見えてくるため、必至で攻めることになりますムービングサタデー。

2006年のマスターズ楽しみです。選手の飛距離の伸びに対し、コースの伸びは僅かだそうです
SPONSORED LINK

タイガー・ウッズスコアの変動なし

タイガーがどうしても欲しいメジャータイトル。出だしの1、2番でボギースタート。攻めるけどスコアにつながらず、本日イーブンのトータル4オーバー。残念ながらメジャータイトルは無理と言っておきましょう。まずは無事に4日間怪我無くプレーしてほしいです。

松山英樹も変わらず

松山も動きがないスコア。本日3バーディー3ボギーのイーブン、トータルもイーブンパーです。トップのパトリック・リードが14アンダー、とても追いつけるようなスコアではなくなりました。明日はできるだけスコアを伸ばして上位でフィニッシュしたいところです。

小平智は1つ伸ばす

小平は7番ホールまでで1つスコアを縮めていましたが、8番、10番、11番とボギーが続きましたが、後半の15、16、17番と3連続バーディーで本日1アンダー、トータルイーブンーパーでホールアウト。

小平は自分を失わないプレーができるので、こんな選手はメジャーに強いかもしれません。初出場なのにホント、感心します。

まとめ

パトリック・リードが5つ伸ばしトータル14アンダーで一人旅のような感じですが、マスターズは最後まで分かりません。マキロイ、ファウラー、ラームは本日7アンダーでラウンドしてるのでギリギリ追いつけるだけの位置に付けていると思います。

あとの選手はパトリック・リードが落とさない限り難しいので、この4人に絞られたのかもしれませんね。ただ、最終日は何が起きるか、分からない…というのはこれまでのマスターズを見ていて、思っているはずです。

2018年マスターズ2ndRの主な結果
順位 スコア 選手
1位

-14

パトリック・リード
2位 -11 ローリー・マキロイ
3位 -9 リッキー・ファウラー
4位 -8 ジョン・ラーム
5位 -7 ヘンリック・ステンソン

明日の最終日誰がグリーンジャケットに腕を通すのか・・・ジャスティン・トーマス、ダスティン・ジョンソンあたりが前半に大きく伸ばすと面白いけど!

ではまた

シェアする

フォローする