2018年タイガー・ウッズ復帰戦

松山英樹,タイガー・ウッズ,2018年

ファーマーズ・インシュランス・オープン。毎年、風に悩まされるコースですが、ファーストラウンドはほとんど風もなくプレーしやすい天候でしたが、思った程スコアが伸びませんでした。

予選ラウンドではノースコースとサウスコースを使うことになります。初日ノースコースをラウンドすると翌日はサウスコースをラウンドすることになります。以前は、ノースがやさしかったのですが、数年前の改修工事でソースのほうが難しくなったようです。

※2018年1月26日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2018年1月29日に再度公開しました。

SPONSORED LINK

タイガーの復帰戦

タイガーの復帰戦になったこの大会。やはりタイガーがいると雰囲気がいつもと違う感じるのは私たちタイガー・ウッズを知ってる世代なのかもしれません。いろんなドライバーを試しているみたいで現在はテーラーメイド M3 460cc 8.5度をしているみたいです。パターはタイトリストでした。

タイガーはロングパットも比較的寄りますし、アプローチも相変わらず「入るんじゃね」と思わせるプレーぶり。タイガーらしいショットもたくさん見れました。

タイガーの場合、サウスコースのラウンドだったのでできればスコアを伸ばしたかったところでしょうが、怪我しないようにプレーしてもらいたいのが個人的な願いです。

タイガー・ウッズ、予選通過!

ファーマーズ・インシュランス・オープン セカンドラウンド。タイガー・ウッズは、昨日松山がラウンドしたノースコース。2オーバーまでスコアを落としていたので、タイガーの今の状況からすると予選通過は厳しいと思っていましたが、どうにか最終ホールでバーディーを取って予選通過です。タイガーが公式戦で予選通過したしたのは2015年の大会以来888日ぶりだそうです。

それにしてもタイガーには多くのギャラリーがついて回りますね。やっぱり違うって感じです。タイガーのプレーをあと2日間観れると思うとうれしいです!
ちなみにタイガーが使っているウェッジですが、ナイキでした!

タイガー・ウッズ、大ギャラリーを引き連れてラウンド

ファーマーズ・インシュランス・オープン サードラウンド。タイガーがいるだけでこれだけトーナメントが盛り上がります。バーディーを取ると、フェニックスオープンを思わせるような大歓声。ゴルフファン誰もが待ち望んだ光景だと思います。ティーショットの精度が悪いのでなかなかパーオンしないのですが、ショートゲームでスコアを作っていく感じ。初日からイーブン、-1、-2とスコア的にはよくなってます。

スイング、試合慣れともう少し時間がかかるような感じです。

タイガー・ウッズ、上々の復帰戦

ファーマーズ・インシュランス・オープン ファイナルラウンド。タイガーは松山と同組でラウンドでした。最終日はイーブン、トータル-3で23位タイ。復帰戦としては上々の成績だったと思います。タイガーらしいショートゲームたくさん見れました。これからたくさんの試合に出場してほしいので怪我だけはしないでほしいところです。

松山英樹は苦手な大会

松山英樹はノースコースからのラウンド。松山はこの大会が苦手なようで今回は結果を残したいようですが、思うようにスコア伸ばすことができず、我慢のゴルフになりました。途中、バンカーで目玉になったりとトラブルもありました。まだファーストラウンドということもありますが、後半イーブンパーに戻すあたりは、さすが松山といった感じでした。

初日・2日目と別のコースをラウンドするだけに、2日目が終了しないと、はっきりした順位が分かりにくい大会だけに、明日のサウスコースでどれだけ伸ばすのか、もしくは明日ノースコースをラウンドする選手がどれだけ我慢できるかが気になるところです。

松山英樹は苦手コースでも3アンダー

ファーマーズ・インシュランス・オープン セカンドラウンド。松山英樹ですが、比較的やさしいとされるサウスコースのラウンドになりました。出だしは順調にスコアを伸ばしましたが、ジリジリとスコアを落とします。もっとも難しいとされる12番ホールでセカンドをトラブル。やはりこのコースが苦手ということもあって思うようなラウンドができていないようです。

それでも最終ホールでバーディーを取って結果的に3アンダーでラウンド。

松山英樹、出だしでつまずく

ファーマーズ・インシュランス・オープン サードラウンド。

決勝ラウンドはメインのサウスコースをラウンドすることになります。ムービングサタデーであり、比較的やさしいとされるサウスコースだけにスコアをしっかりと伸ばしたいところですが、松山英樹はスタートダッシュに失敗。10番ホールからスタートでしたが3連続ボギー。やはり苦手コースということもあるのでしょうか。スコアを1つ落しています。

松山英樹、最終日はベストスコア69

大会を通じてもっとも風が吹いた最終日。松山は全選手の中でベストとなる69でラウンド。いつの間にか順位も12位タイまで上がってます。初日84位タイということを考えると伸ばせるときにつまずいているので、もったいない気もしますが、松山自身、何か得るものがあったのでは!?

次、期待ですね!

石川遼は・・・

石川遼は、堅実なゴルフをしているのに、どこかでポカをしてしまう、石川いつものの悪い流れ。それでも乗せたら手を付けられないのが石川だけに期待したいところです。ただ、そろそろそんなゴルフも卒業しないと・・・

石川遼、早く結果を求めないほうが・・・

石川遼は予選落ち。いろいろと課題があるように思えます。大会前にバーディーをたくさん取ると宣言するも二日間で8バーディー。ダブルボギーのある石川にとって少ないバーディー数かもしれません。

早く結果を出したい気持ちは分かりますが、せっかく、いいスイングをしているので堅実なゴルフを目指したほうがよさそうです。私たちも一喜一憂せず、じっくりと長いスパンで応援したいです。

ではまた

ドライバーの選び方を徹底解説。初心者・アベレージ・シングルプレーヤーまで自分に合ったドライバー選びのポイント。

シェアする

フォローする