1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. パターの選び方
  4. パターの長さと身長

パターの長さと身長/パターの選び方

パターの長さと身長について解説です。身長が高い人と低い人が同じパターでパッティングをすると、長さが足りなかったり、逆に長すぎてアドレスが立ちすぎたり、短く握ってグリップエンドが邪魔になったりと支障が出てきます。

パターはホールに入れることができれば、構えや打ち方は格好悪くてもいい(どうでもいい)と言われますが、やはり自然に構えたときにシックリするパターのほうがパッティングだけに集中できるので、狙ったところへ狙った距離を打てる確率が高くなるのは誰が考えても分かることです。

そのため自分に合ったパターの長さを選ぶことは非常に大切なことなのです。

パターの長さと身長/項目

パターの長さを身長から選ぶ

パターを選ぶ際、唯一選ぶことができるのがパターの長さです。ドライバーであれば、シャフトの長さ・フレックスやロフト角度など選ぶスペックは複数あります。

パターはホールにボールを入れるためのクラブなので飛ばす必要がありません。そのためほとんどのスペックが決まっていて長さを選ぶことだけになるのが普通です(※ライ角調整など自分でカスタムすることはあります)。

身長とパターの長さの関係

この表はあくまで1つの指針となります。やはり身長が高い人は長めのパターになりますし、身長が低い人は短めのパターになります。また、明らかに短いパターはジュニア用の長さです。

170cmで33~34インチくらいを基準にするといいと思います。

パターの長さは構え方で変わる

パッティングの構え方次第では、身長が高くても比較的短いパターが合っていたり、逆に身長が低くても長いパターが合っていたりします。ここではパターの長さに影響を与える部分についていくつか挙げてみます。

スタンス幅

スタンス幅が広いとボールまで近くなるので短めのパター。狭いと高く構えることになるので長めのパター。

膝の曲げ具合

膝を曲げることで安定する人もいますし、伸ばすことでぐらつかないアドレスになる人もいます。曲げる人は短め、伸ばす人は長めのパターになります。

前傾角度

前傾が深いと短め、浅いと長めのパターが合います。前傾姿勢も腰から曲げる人やそれにプラスして背骨を猫背のように曲げる人もいます。身長が高くても低い人と同じくらいのパターの長さでいい場合もあるのです。

肘の曲げ方

肘の曲げ方も様々です。肘を伸ばし気味(両肩とグリップを支点とする三角形)で構える人は短めのパター。肘を曲げて構える人は(両肩・両肘・グリップの五角形)長めのパターが合っています。また、左肘を伸ばして右肘を軽く曲げて構える人もいます。この場合、左肩からパターヘッドが一体となった構えで短めのパターが有効です。

ボール位置

ボールの位置は基本的に目の真下が理想ですが、遠くにボールを置くことで打ちやすかったりする人もいます。この場合、グリップの位置にもよりますが長めのパターになります。

グリップを持つ位置

グリップエンド側を余すことで安定してストロークできる人もいます。この場合、当然、長めのパターがいいでしょう。長いパターは急ぐことなくゆったりとパッティングしやすくなります。

以上のようにパターの長さを選ぶうえで考えられる複数の要素があります。自分はどれに当てはまるのか実際にアドレスして確認してみてください

パターの長さを測る箇所

パッティングの構え方は様々です。「パターに形なし」というくらいです。それでも自分に合ったパッティングの構え方はあります。初心者であれば何も癖もなく自然に構えることができるのかもしれませんが、ゴルフ歴が長くなってくるとこれまで使ってきたパター側に合わせる構えになっていることもあります。

それが自分本来の自然な構えなのかは疑問ですが、そのような方はそれなりに自然に構えてみてください。ここでは右利きで順手のパッティングスタイルとして進めていきますので、左利きだったり、逆ハンドグリップの方はそれを踏まえて読んでください。長尺・中尺パターはここでは考えていませんのでご了承ください。

自分に合ったパターの長さを知るために測る位置を知ろう

グリップしたときのお腹側の手は右打ち順手では左の小指になります。そこからボールが地面に接する点までの斜距離が理想のパターの長さになります。間違っても小指の真下となる地面までの距離を測定してはいけません。

パターのライ角が70度とすると、長さが約0.94倍ほど違いが出てきます。これは大きな誤差になってしまいます。(たとえば、34インチが本来の長さに対して地面までの長さを測ると31.96インチで約2インチの差になります。)

実際にパターを持って測るとパター側にアドレスを合わせてしまいます。何も持たずボールだけを見て構えてみてください。イメージでストロークしてみて違和感がないならそれがいいと思います。

まとめ

基本は高身長は長め、低身長は短めのパターということになりますが、上記に示したようにいろいろな要素があり、それによって自分に合ったパターの長さは変わってきます。

パター側に合わせたアドレスではなく、パターが自分の体の一部になるようなパターの長さを探してみてください。できるだけ考えることが少ないほうがパッティングに集中できます。

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブ選びの一つの目安としてご利用ください。初心者から上級者までたくさんのゴルフクラブに関する情報を提供中!

ゴルフクラブ,選び方
サイト内検索
  • 更新履歴情報
  • サイトマップ
  • リンク
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ご利用上の注意

© 2005-2018 ゴルフな気分-ゴルフクラブ選び方/売れ筋ギア