1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. 教えてゴルフギア
  4. タイトリスト・スコッティキャメロンパター3

タイトリスト・スコッティキャメロンパター3/教えてゴルフギア

思い出のタイトリスト・スコッティキャメロンパターをお聞かせください。

フューチュラX

FUTURA X
クラブヘッドをまっすぐに引いて真っすぐ出すがより簡単になった高慣性モーメントパター。
2015年にはフューチュラX5、フューチュラX5Rが追加される。スタンダードなフューチュラXからするとデザインも一新されシンプルになってネオマレットのこれからの形をうかがわせるヘッド形状になったと思う。

ゴーロー

GoLo
マレットの形がフランジトウ側が軽く飛び出た形になっている。オートマチックにパッティングしたいゴルファーにはお勧めのパター。先にスタジオ・セレクトで先行して作製されたゴーローが2014年には単独のシリーズになった。毎年マイナーチェンジモデルを作るからなのか、2015年にはモデル名の前に14、15とモデルができた年が入った。15ゴーロー3は2015年のゴーロー3といった感じ。

ゴーロー
モデル 解説
GoLo3 L型マレットタイプ
GoLo5 マレットタイプ、ベントネックシャフト
GoLoS5 GoLo5のセンターシャフトモデル
GoLo7 GoLo5よりもやや大きめのヘッドかな。
スコッティ・キャメロン カリフォルニア

SCOTTY CAMERON CALIFORNIA
ハニーディップと名付けられた琥珀色の仕上げが美しいシリーズ。ヘッドの仕上げがハニーディップ。2012年にシーミスト仕上げの新モデル。

ファストバック

フェースバランスタイプのマレット型パター。カリフォルニアシリーズのマレット。

デルマー

L字型パターのマレットタイプと考えていい。ネックの倒れ方といいかなりの完成度。ウィルソン「TPA-18」と似ているのでニック・ファルドを思い出す人も多いはず。

モントレー

トウ側が高くなっているのでトウを上げて構えているゴルファーがスクエアに構えやすいモデル。

スコッティ・キャメロン スタジオ・セレクト

SCOTTY CAMERON STUDIO SELECT
キャメロンパターの伝統的な形状の中に最新鋭のテクノロジーを駆使した渾身のパター。
初期モデルはニューポート、ニューポート1.5、ニューポート2、ニューポート2ミッドスラント。
ヘッド素材は303ソフトステンレスを使用。ソールのトウ・ヒール側にウェイト調整機能がある。これは短いパターでもヘッドが軽くならない工夫がしてある。フェース面の3つのドットが格好いい。2012年にブランクミスト仕上げも追加。

ファストバック

スタジオセレクトシリーズのシンプルなマレット型パター。スコッティ・キャメロンパターのマレット型が欲しくいゴルファーは間違いなく子のパターで決まり。長さも33~35インチまで1インチ刻みで用意されている。また、パターをカットしたことがあるゴルファーであれば分かると思うが、短いパターになるとヘッドが軽く感じるようになるため、ソールのウェイトで調整してある。

スクエアバック

四角に近い形状は方向性を出すのに理にかなった形だと思う。見た目に違和感を抱かなければ使えそうなパター。

ニューポート2.6

ニューポート2センターシャフトモデル。トップブレードのヒール側にドットがあり、シャフトでドットを隠すことで正確なセットアップができるようになっている。センターシャフトは使い方を間違うとしっぺ返しを食らうので理解しているゴルファーのみに限られる。

コンビ

SCOTTY CAMERON STUDIO SELECT KOMBI
ネオマレット型のパター。形としてグースネックなのでボールがしっかりとつかまる。スコッティキャメロンの進化型マレットらしい。

セレクト・ゴーロー

SCOTTY CAMERON STUDIO SELECT GoLo
非対称のバックフェースでストロークがスムーズになる。ブラックミスト仕上げをスタジオ・セレクトから数量限定で製作。GoLo5はGoLoのヘッドよりも一回り小さいモデル。

ミッド&ロング

SCOTTY CAMERON STUDIO SELECT MID&LONG
中、長尺仕様設計された絶妙なウェイトバランス。
数量限定モデルとしてニューポート2ミッド、GoLoミッド、GoLoミッドS
受注生産モデルとしてビッグサー、ビッグサーS
Sはストレートシャフト(センターシャフト)

スコッティ・キャメロン デツアー

SCOTTY CAMERON DETOUR

デツアー

シンプルなのにインパクトのあるデザインが特徴。フランジといえるのか分からないが長い尻尾のようなカーブのついたフランジがありテークバック時にガイドとなってくれる。アークド・ボディというらしい。

確かにカーブがついているほうがイメージが湧くが必要以上にインサイドにテークバックしそうで怖い気もするが…。人気はあるみたい。

それ以上に見た目にインパクトがあるのがトップブレード部分。ヒール側からトウ側に高くなっている。しかもその傾斜に反ってアークド・ボディも傾きを持っているのでテークバックが上手くいきそう。

デツアーは2種類。シングルベントシャフトのデツアーとストレートシャフト(センターシャフト)のデツアー2。

ニューポートデツアー

DETOUR(デツアー)のアークド・ボディを短くしたモデル。ピン型のパターの後ろに短めのフランジを付けたパターといったところか。

SPONSOREDLINK

スコッティ・キャメロン サーカ62

SCOTTY CAMERON CIRCA62
開発コンセプトがビンテージということでサーカ62なのか。CIRCA62は1962年ごろという意味らしい。「62」はスコッティ・キャメロンの生まれた年。初期モデルは4種類(、NO.2、NO.3、NO.5)。アドレス時にクローズにならないように考案されたドラフトソールデザインを採用。

NO.1はソールにラウンドがついているため身長が低い人でも長さが35インチだったとしても多少はカバーできる。キャッシュイン型パターからの乗り換えに向いているが、やさしいとは言えないと思う。ただし、格好いい。

NO.5はサーカ62のマレットモデル。形も変わっているが、ソールがえぐり取られているため、アドレス時は見えないとしてもグリーンで引っかかりはしないか心配。オデッセイ2ボールもソールをえぐられていたが引っかかりはなかったので大丈夫か。

追加モデルのNO.6はフランジに少しだけくぼみをつけたモデルは「トレリウムⅡ デルマー2 ミッドスラント」と同じ。ピンパターB60の形状だ。

スコッティ・キャメロン アメリカンクラシック

SCOTTY CAMERON AMERICAN CLASSICⅢ
ブルズアイをもとに開発。ヒールとトゥのソール部分にタングステンを挿入し絶妙なバランスにしている。打感・所有感などすべてにおいて格好良くなっている。これならキャッシュイン型パターを使ってみてもいいと思うゴルファーが増えるかも。ゴルフを楽しむ事ができるゴルファー向けかな。

スコッティ・キャメロン フューチュラファントム

SCOTTY CAMERON FUTURA PHANTOM
初期モデルは3種類(フューチュラファントム、フューチュラファントムマレット、フューチュラファントムマレット2)。

フューチュラファントムのシャフト
モデル シャフト
フューチュラファントム フォワードベント・シャフト
フューチュラファントムマレット ミッドベント・シャフト
フューチュラファントムマレット2 ストレートシャフト(センターシャフト)
スコッティ・キャメロン レッドX

SCOTTY CAMERON RED X
レッドXはミッドベントシャフト、レッドX2はストレートシャフト。レッドX2はマレットタイプのセンターシャフト。クラブ長が33、34、35インチと用意されているのでほとんどのゴルファーが使えるが、センターシャフトはロングパットが難しいのでその辺は理解して使うべき。

2008年にはリニューアルしレッドX3、レッドX5を開発。チャコールミスト仕上げとなり光の反射を防止してくれる。

タイトリスト・スコッティキャメロンパター関連

教えてゴルフギア/ゴルフクラブの選び方

教えてゴルフギア

ゴルフギアを教えてください。昔のものから現在のものまでゴルフギアの情報をお待ちしています。

教えてゴルフギア
サイト内検索
  • 更新履歴情報
  • サイトマップ
  • リンク
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ご利用上の注意

© 2005-2018 ゴルフな気分-ゴルフクラブ選び方/売れ筋ギア