1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. 教えてゴルフギア
  4. フォーティーンウェッジ2

フォーティーンウェッジ2/教えてゴルフギア

思い出のフォーティーンウェッジをお聞かせください。

C-030 T.S.

ソール部分のトウからヒールまで大きくえぐられていて、バンカーで使用すると砂に潜り込むことを防いでくれるはず。昔はこういう形をダブルバウンスって言ってたような気がする。フォーティーンでは革新的デザイン、キャニオンソールと呼ぶようだ。以前、ソールの溝があったモデルを片山晋呉プロが監修したダンロップのウェッジがあったような気がする。

RM-21

ソールが結構広い。世界的にワイドソールが人気になっているからなのか。ソールのヒール側の角張が気になるが、中級者・上級者でも使えるやさしくなったウェッジといった感じ。

DJ-11

ワイドソールでダフリを軽減。いくらかソールのヒール側を落としてあるので開いてもリーディングエッジが浮きにくくトップラインのカーブの頂点がトウ寄りなのでグースネックなのに違和感なく開いて使うことができそう。

RM-12

「RM-11」よりもソールの平坦部分が広い。個人的にはこちらのほうが好み。当然、逆テーパーブレードで高重心。

SPONSOREDLINK

D-030

ワイドソールでバンカーでも活躍しそうなウェッジ。ソールが広いので滑りがいいはず。強弱で打つよりもしっかりと振り幅を決めて打つとやさしいウェッジがもっとやさしく使えそう。

MT-28 J.SPEC-Ⅳ

「MT-28 J.SPEC」も4代目。

RM-11

デザインを一新。逆テーパーブレードは相変わらず。

MT-28V5

見た目のデザインが大きく変わったモデル。トレーリングエッジを落としたのは初代「MT-28」と同じ。バックフェースの溝が高重心をより強くしているようだ。新溝規制対応モデル。

MT-28 J.SPEC-Ⅲ

「MT-28 J.SPEC」の3代目。トップライン側のバックフェースを厚めにすることで高重心しているようだ。キャビティっぽいポケット部分にゴミが入りそうで気になる。

フォーティーンウェッジ関連

教えてゴルフギア/ゴルフクラブの選び方

  • 更新履歴情報
  • サイトマップ
  • リンク
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ご利用上の注意

© 2005-2018 ゴルフな気分-ゴルフクラブ選び方/売れ筋ギア