初心者なら攻めよう!

”けん”です。突然ですがコースマネジメントされていますか?

こんなこというと叱られるかもしれませんが、コースマネジメントはあとにしてみてはいかがでしょうか!まだ、ゴルフをはじめたばかりの方であれば、ピンから逆算しての刻みゴルフなどすることはまだまだ先でいいですよ。

(初心者じゃないよって方はコースマネジメントというか攻め方をあとでアップします。これで攻めてみて!)

まずはガンガン攻めることこれはとても大切なんです。

「そんなことしたら池に入るじゃん」

「バンカーにつかまるよ」って声が聞こえてきそうです・・・

いいんです!それで!

池に入って対処法やルールを含めて覚えたり、池までの距離や池越えの距離を把握することもできます。

バンカーだっていつまでも逃げてたらうまくならない!今から本格的にはじめようと思っているのであれば、積極的にバンカーの上のピンを狙うことです。パー5では積極的に2オンを狙ってほしいです。深いラフからロングアイアンでもいいですよ。経験することです。

池でも入ろうものなら 「だから言っただろう!」とまわりから声が聞こえてきそうですが、それでいいんです!
みんながそんなゴルフをしてきた、見てきた!だから知っている。「ほら見たことか!」なんですよね。

その方たちが見たこともないスケールの大きいゴルフを目指してください!みなさんにはそれができる!

「変な癖が着いちゃうよ」・・・世界のトッププロは変な癖のスイングばかりではないですか。 上手くなるには癖も必要かもしれませんよ。

タイガー・ウッズ選手だってインパクト前に大きく右足かかとが上がります。

ビジェイ・シン選手だって打った後に体を大きく右に傾けたりします。捻転だってできているかどうか!?

フィル・ミケルソン選手がアマチュアだったら見る人が見ればオーバースイングで修正されるでしょう。

レティーフ・グーセン選手の左ひじの抜けも気になります。

フレッド・カプルス選手の右ひじは有名です!

きりがないですよね。

でもそれをカバーするだけのものがあるのです。もしかしたらあの癖があるからどこかが上手く体が動くのかもしれません。その癖がないと活きてこない部分があるかもしれませんよ。

ゴルフの理論は確立されていない。クラブや道具が進化するとまた変わるんです。

もう遅いよ!初心者じゃないんだし・・・頭の中をリセットして初心者として最初からはじめてみてもいいですよ。

攻めて 攻めて 攻めまくれ!って言いたいです!

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] 参考:「初心者なら攻めよう!」、「保険を効かせた攻め方」など参考にしてください。 […]