ゴルフ/球筋の種類

”けん”です。本日のお題は「ゴルフの球筋の種類」です。スライス・フック、ゴルフをしているといつも付きまとう悩みです。スライスしてもフックしても、それが持ち球であれば好スコアでラウンドできるはずですし、スライス、フックの幅をコントロールできるあれば、プロにだってなれます。

みなさんもわかっている筈なんです。ストレートボールだけが良い球筋ではなく、ボールをコントロールできるかどうかが鍵なんです。ボールをコントロールできる人が上手な人ということです。

今回は左右のコントロール。どんな形でインパクトを迎えるとどのような球筋になるかを再確認しててもらいたいと思い書きました。下記のように絵を内職しましたので見てください。

赤い矢印は、クラブの軌道と思ってください。クラブフェースと軌道の関係で球筋が決まってくるはずです。青色はボールの回転を表しています。

ストレートボール、スライスボール、フックボール

上記 左から、ストレートボール、スライスボール、フックボール。ターゲットに向けてボールは飛び出しますが、クラブの軌道に対してフェースが開いているとスライスボール、閉じているとフックボールになります。

プッシュストレート、プッシュスライス、プッシュフック

左から、プッシュストレート、プッシュスライス、プッシュフック。プッシュ(プッシュアウト/押し出し)ボールがターゲットより右側に飛び出します。クラブの軌道がインサイドアウトになっているときに押し出します。その軌道に対し、フェースが開いているとプッシュスライス、閉じているとプッシュフックになります。

プルストレート、プルスライス、プルフック

上記 左から、プルストレート、プルスライス、プルフック。(プル/ヒッカケ)ボールがターゲットより左側に飛び出します。クラブの軌道がアウトサイドインになっているときに引っかけます。その軌道に対し、フェースが開いているとプルスライス、閉じているとプルフックになります。

大まかに分けてみると、飛び出す方向に対して3つの球筋があります。皆さんはどの球筋が多いですか?まずは、球筋を理解し、再確認することで、技術の向上を目指してみてください。

飛び出す方向、フェースの向き、練習場で自分の球筋の確認するときにご利用ください。

ではまた

アイアンの選び方って?アイアン選びのポイントについて徹底解説。飛距離が欲しい、弾道を高くしたい、もっと方向性を上げたい、右に飛び出しやすい、ライ角の選び方、ロフト角度、シャフトなどアイアンを選ぶときに参考にしてください。

シェアする

フォローする

コメント