グリーンの読み方-パターはアートで

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「パターはアート」です。深く考えると上手くいかないのはどのクラブも同じですが、パターは往々にして上手くいかないことがよくあります。

パターはアートくらいの気持ちで打ちたいということについて解説します。

パターが上手くなる。パターは「パットイズマネー」というくらいとても大事です。皆さんも良くあると思います。入る距離の30センチを外してこそからズルズル・・・

”けん”はパターが一番好きです。イップス病にかかった事もあります。そんなときは30センチでもラインを見てしまいます。

まっすぐドンでいいのに!

とてもメンタルが左右します。パターに形無しですから技術的なことはあまりしゃべりません。考え方をお話します。

言葉で説明する事は難しいのですか、頭の中で考えてください。

グリーンの読み方

グリーンの読み方

グリーンの読み方です。上記のようなグリーンがあるとします。

仮想のカップが10センチ上にあるとします。

カップまでそれぞれ2メートルで距離感はジャストタッチとします。

  • スライスラインは10センチ左を狙い
  • フックラインは10センチ右を狙い
  • 上りのラインは10センチ上、下りなら10センチ手前

となります。

仮想カップの位置

つまり仮想のカップの位置は必ずいっしょになるということです。

もちろん傾斜が入組んでいるときは上手くいかないときもあります。

しかし、傾斜が入組んでいても2箇所で確認できるのならラインは複雑にはなりますが、分からないこともないわけです。

上の例はあくまでこういう考え方もあるということでご理解ください。ただ、パッティングラインで迷ってしまったときは思い出してもらえたら幸いです。

ショートパットはまっすぐドンが基本!

私としては2メートルまでは少々の傾斜ならカップ内で勝負すべきだと思います。

直線的に狙う事です。その時は入らなくても必ずカップのふちに掛かるように打ちましょう。

そうすれば近くに止まり、くるりと回っても大抵上りのラインを残します。

パターはアート

そして、私の場合、プレッシャーが掛かったり、ロングパットを残したときは、「パターはメンタル」ではなく「パターはアート」と思うようにしています。

「パターはアート」と思ってラインを読むとジャストタッチでパッティング出来るようなラインが思い浮かびます

また、実際にボールを打つ時も意外とすんなり手が動くようになります。

最終的には気持ちでどうにかしろ、というレッスンになりましたが、パッティングは場数がものをいいます

コースで練習場へ行ってボールを打つ時間があるなら時間が許す限りパッティングの練習を行うことをおすすめします。

ぜひ試してください。

ではまた

ゴルフ パター 通販|GDOゴルフショップ
パターの通販ならGDOゴルフショップ。人気の最新モデルからセール品まで豊富な品揃え。パターの選び方に迷う方も、売れ筋ランキングや口コミを参考にお選びいただけます。14時までの注文で最短翌日お届けします。
ライト(LITE) その他ラウンド小物 通販|GDOゴルフショップ
ライト その他ラウンド小物の通販ならGDOゴルフショップ。人気の最新モデルからセール品まで豊富な品揃え。ライト その他ラウンド小物の選び方に迷う方も、売れ筋ランキングや口コミを参考にお選びいただけます。14時までの注文で最短翌日お届けします。

コメント

  1. […] 参考:「パターはアート」 […]