1. ゴルフな気分
  2. ゴルフクラブの選び方
  3. ユーティリティの選び方
  4. ユーティリティのスペック選び

ユーティリティのスペック選び/ユーティリティの選び方

ユーティリティを使う理由として「簡単」というイメージがあります。「ロングアイアンよりもやさしく、フェアウェイウッドよりも狙える」と思っていませんか?

実際に使ってみてイメージ通りのショットが打てない場合、以下のことを確認してみてください。

ユーティリティのスペック選び/項目

フェースプログレッション選び

フェースプログレッションとはシャフトの中心線に対してフェースラインが目標方向に出ているか、引っ込んでいるのかを表します。スペック比較表などではFP値と書かれています。

ユーティリティ,フェースプログレッション,FP値

FP値が大きいといわゆる出っ歯と呼ばれるクラブになります。ユーティリティのなかでFP値が大きいのはフェアウェイウッドに近いW型ユーティリティです。

この値が大きいと感覚以上にボールとクラブが早く接するため、ミスショットを繰り返すことになります。特にアイアンが得意なゴルファーにとってはW型ユーティリティの選択が仇になってしまうことになります。

当然、フェアウェイウッドを使うときのようにボールを払うようにして打たないとボールはスライスしたりしてとても気持ち悪いショットになります。

反対にシャフトの中心線よりも後ろにクラブヘッドがある場合、フェアウェイウッドのように打ってしまうとヒッカケばかりのミスが出てしまいます。

現在、お持ちのユーティリティがどちらなのか理解した上で使用すると上手く打てる場合もありますが、「やさしさ」を求めて購入したユーティリティだけに残念です。

バルジ選び

バルジはクラブフェース面の丸みです。あまり気にしたことが無い部分ですが、このバルジがあると多少のミスもカバーしてくれます。

ユーティリティ,バルジ,ギア効果

フェース面のトウ寄りでボールを捉えるとプッシュ気味に飛び出しますが、フェース面の丸みがボールにフック回転を与えます(ギア効果)。ヒール寄りに当たるとその逆の働きをします。そのためスライス回転でボールは中央方向へ戻ることになります。

フェアウェイウッドに近いタイプのユーティリティにはバルジが多少ついていたりします。これもフェアウェイウッドが苦手な人にとっては気になる部分です。

アイアン型のユーティリティであれば、バルジの意識はないのですが、フェアウェイウッド型ユーティリティに比べると飛距離は明らかに落ちますので「やさしく飛ばす」というわけにはいかない場合もあります。

ただし、フェアウェイウッド型ユーティリティが得意な人にとってはバルジがあるから方向性がよくなることもあります。

選ぶときの1つの目安として覚えておきたいスペックです。

ユーティリティの重量選び

ユーティリティは比較的最後に揃えるクラブだけに、選び方がむずかしくなります。特に重量はクラブセッティングの中でも重要なポイントです。フェアウェイウッドよりも重く、アイアンよりも軽くすることが要求されます。

ユーティリティ,クラブ重量

そのため、お気に入りのユーティリティに欲しいスペックがないこともあります。無理に購入するとユーティリティだけが別のクラブセットのもののような感じになります。

そんなときはリシャフトショップでクラブを調整してもらうことになります。自分の希望をしっかり伝えてリシャフトしてもらうことも考えましょう。

クラブ重量で大きく占めている部分がシャフトです。シャフトには大きく分けてスチールシャフトとカーボンシャフトがあるのはご存知と思います。

一般的にスチールシャフトは低めの力強い弾道で方向性が良くなりるのが特徴で、カーボンシャフトは高弾道で飛距離が出るのが特徴です。

ボールを楽に上げたいなら迷わずカーボンシャフトですが、シャフト重量はメーカー・モデルでバラバラです。目的に応じてシャフトを選ばないと全く使えないユーティリティになってしまいます。

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブ選びの一つの目安としてご利用ください。初心者から上級者までたくさんのゴルフクラブに関する情報を提供中!

ゴルフクラブ,選び方
サイト内検索
  • サイトマップ
  • リンク
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • ご利用上の注意

© 2005-2018 ゴルフな気分-ゴルフクラブ選び方/売れ筋ギア